カテゴリー
日記

100日後に死ぬワニ

 一時的に東京から飛行機で帰って来た。

 俺のブログの読者なら”飛行機で”という部分に敏感に反応して貰いたい。

 俺は高所恐怖症なのだ。

 症状は歳を重なるにつれひどくなっている。

 大学生の時に観覧車が楽しめなくなった。

 最近だと歩道橋ですら油断すると足がすくむ。

 そんな俺が飛行機に乗ったのだ。

 それも窓側。

 離陸前、スッチーが救命胴衣の着衣の仕方の説明している時から心臓がバクバクしていた。

 そこからプー、プー、プーと三回機内でサイレンが鳴り、「今から離陸いたします。」というアナウンスが入る。

 アナウンスのあと、飛行機は瞬く間に加速、そして離陸。

 声が出そうになるのをなんとか我慢する。

 その後10分ほど、高度を上げるたびに浮遊感に襲われたり機体が若干揺れたりして、ずっと恐怖で泣きそうになった。

 次第に外の景色が写真のように感じられて来て、ようやく恐怖から解放された。

 それから改めて景色を見てみた。

 小さい窓からは東京の端から端までが見えていた。

 自分の目に日本の首都が全て映っていることに感動した。

 この何処かに自分がテレビでしか観たことないアイドルや俳優や政治家がいっぱい住んでいるんだろうな、と思った。

 大きな山と山の間には大抵集落ができていて、不便そうなところにもたくさん住んでいる人いることを知った。

 遥か下の上空で自分たちとは逆の方向に進んでいく飛行機が一瞬見えた。流れ星かってくらい速いスピードだった。

 1時間のフライトの中で色んな発見があった。

 怖かったけど飛行機に乗ってよかったと心から思った。

 さて。

 先日、『100日後に死ぬワニ』が遂に100日後を迎えて、死んだ。

 この作品は非常に興味深かった。

 言い方は悪いが、99日目までは本当に普通の日常を描いただけの、さして笑いどころもない4コマ漫画だ。

 しかし、漫画の終わりに「死ぬまであと○日」と書き足すだけで、毎日10万いいねがつく超人気作品となっていた。(とてもうらやましい)

 多くの人が「死ぬまであと○日」という僅か一行を見て、「この漫画は何気ない日常を過ごしているワニくんが100日後に死んでしまう切ない漫画なんだ」ということを理解していたということだ。

 語彙力のない俺はこの事実に対して”興味深い”という表現しかできない。

 ただ、俺のブログの読者ならこの”興味深い”から俺の心情を的確に理解し、さらには共感していただきたい。

 それはさておき。

 『100日後に死ぬワニ』は、読者に自分の人生の終わりを意識するようになって欲しいという願いが込められている。

 俺は自慢じゃないが死ぬことを常に恐れている。

 「今地震が起きたらどうしよう」

 「今テロが発生したらどうしよう」

 さらには寝ているときに

 「今心臓発作が起こったらどうしよう」

 と考え、本当にドキドキしてきて、「え、まじで発作くるんじゃね…」となり寝付けなくなった経験は数えしれない。

 俺のブログの読者ならそれくら(以下略)

 飛行機が怖いのも「墜落したらどうしよう」と、死ぬことを考えて怖くなっているのだ。

 だから『100日後に死ぬワニ』が話題になりだした当初は「何?みんな今さら死を恐れ出してんの?チョーウケるんですけど」みたいなテンションだった。 

 しかし、である。

 これまでの俺は「今この瞬間死にはしないか」ということを恐れているだけで、いつか必ず訪れる人生の終わりを意識し、与えられた生を楽しもうとしていたわけではなかった。

 今ならはっきりと言える。

 そうじゃない。自分の人生の終わりを意識するようになったら、今を全力で楽しまなければいけないのだ。

 自分がいつ死ぬかなんて判らないのだから。

 では、今を全力で楽しむにはどうすれば良いか。

 ずばり。「リスクをとること」だと思う。

 今回、俺は「死ぬかもしれない。」というリスクを負って飛行機に乗った。

 結果、飛行機からでしか見られない景色を体験できた。

 もっと皆に共感してもらえる例を出そう。

  •  「ふられるかもしれない」というリスクを負わないと好きな人と付き合うことはできない。
  •  「落ちるかもしれない」というリスクを負わないと東京大学に通うことはできない。
  •  「怒られるかもしれない」というリスクを負わないと自分の価値観を通すことはできない。

 どれか一つくらい共感してもらえただろう。

 俺は本当に今までできる限りリスクを避けるような人生を歩んできた。

 結果として自分の今までの人生に満足できていない。

 だから「今死んだらどうしよう」などとばかり考えてしまうのだと思う。

 そうではなく、もっとリスクをとって、死ぬことなんて考える暇もないほど今を楽しむべきなのだ。

 ということで、俺は積極的にリスクをとって今を全力で楽しみたい。

 そしてその様子をSNSにアップしたい。バズりたい。

 自分が何日後に死ぬ人なのか判らないが、その日が来るまで、色んな景色を見に行きたい。

カテゴリー
日記

怒られた

 東京に来て今日で2週間が経った。

 ここ2週間机の上には仕事関係の書類を放置しっぱなしだったし、ソファーは洗濯物で埋もれて座れなくなっていた。

 今日やっとそれを掃除できた。

 昼からは歩いて築地に向かい、海鮮丼を食べた。

 そのあと銀座の無印良品に行って、山手線で帰ってきた。

 15時過ぎに帰ってきてからはずっと家にいた。

 家に帰ってからは本を読む気にもテレビを観る気にもなれず、2、3時間ほどスマホを延々触っていた。

 というのも、この土日は少しメンタルがやられていた。

 理由は金曜日に会社で怒られたからだ。

 怒られたと言っても怒鳴るような怒り方ではなく、半分笑いながら諭すタイプ。

 正直「怒られた」というレベルにも満たない気もする。 

 それでも俺は今もまだその時の怒られを引っ張っている。

 なんで俺は怒られたことをやたらと引きずるのか。

 みんなはできているのに自分だけができていないから怒られているような、或いはみんなも自分と同じ過ちをしているけれど自分だけがどんくさいから見つかって、怒られているような、そういった劣等感から惨めな気持ちになるのだ。

 さらに今回の件で言えば、自分が帰ったあと上司たちの間で自分の話をされるんだろうなと思えて、それが辛かった。

 「今のは言いすぎたんじゃないですか?」

 「いやいや、あれぐらい言わなきゃダメでしょ。」

とか

 「(他の社員に対して)君たちも若い時はあんな感じだったんだよ〜」

 「えー、もう忘れましたよー笑」

とか

 そんなやりとりを勝手に妄想して悲しくなっていた。

 どうも俺は年上の人たちに「人間的に未熟だ」と思われるのが嫌らしい。

 要はプライドが高いのだ。

 俺と実際に関わっている人たちは気づいているのかもしれないが、俺はかなりプライドが高い。

 恥ずかしいことをして周りから笑われると、へらへらできない。ムッとしてしまう。なんとか取り繕おうとする。

 今まで好きな人を誰にも話したことがない。

 人前で泣いたり、怒ったりしない。

 知ったかぶりをする。

 等々。俺のプライド高いエピソードは無数にある。

 そんな俺が26年生きてきてこの度ようやく気づけたこと。

 実力を伴っていないプライドは本当に邪魔だ。

 プライド全てを否定するつもりはない。

 プライドは自尊心とほぼ同義だ。

 自尊心を全く持っていない生き方が正解だとは思はない。

 ただ、プライドを持っていると今回の俺みたいに、先輩や上司から怒られたり注意された時に、なかなか素直に聞き入れることが難しい。

 なんとか相手の非を見つけて自分を守ろうとしてしまう。

 しかし、そうするといつまで経っても今の自分のままだ。

 今回の怒られは、自分が実力を伴っていないプライドを持っていることを自覚するいいきっかけになった。

 部屋を掃除して溜まったゴミと一緒に、無駄なプライドも捨て去ろう。

カテゴリー
ありがたいお話

ロンリーサンデーナイト

1.はじめに

 今は日曜日の夜。

 多くの人が憂鬱になっている時間だと思います。

 なぜなら、明日からまた1週間、正確に言えば「五日間の平日」が始まるからです。

 僕も例外ではなく、かなり憂鬱な気持ちになっています。

 そんな僕が、新しく始めたこのブログで一番最初に皆さんに主張したいことがあります。

 1週間のうち5日間が嫌な日なのって、おかしくないですか?

 この思いを強く持ったのは、前職で働いていた時のことでした。

2.仕事が嫌で会社を辞めた

 僕は前職をちょうど一年でやめました。

 理由は「仕事が嫌だったから」です。

 「え、それだけ?仕事舐めてるの?」と思いますか?

 「最初の3年は仕事を覚えなきゃいけないんだから辛くて当たり前でしょ。」と思いますか?

 いや、考えてもみてください。

 7日あるうちの5日間が嫌な日なんですよ。

 それだけ嫌な日が多いと休日なんて刹那の如しです。

 しかもせっかくの休日でも、ふとした時に「また明日から仕事か…」という思いがよぎるんです

 当時はほぼ毎日、仕事のせいで嫌な気持ちになる瞬間がありました。

 年明けすぐ、僕は会社に3月いっぱいで退職する旨を伝えました。

 上司からは当然のように「そんなんじゃ社会で通用しない」的なことも言われました。

 しかし、とにかく逃げたいという一心だった僕には、そんな言葉は全く気にはなりませんでした。

3.「仕事が楽しい」とは

 晴れて会社を辞めた僕は「次は休日よりも平日の方が楽しいと思えるような仕事をしよう」と決意しました。

 この目標を達成するために、僕は自分がどうなれば仕事を楽しいと思えるかを考えました。

 それが次の5つです。

  1. 上司から嫌われていないと心から思える。
  2. 自分の行動に後ろめたさや不安を感じない。
  3. 自分の能力を発揮して、貢献できたと思える。
  4. 人並みに給料をもらえている。
  5. みんなが休みの日に自分も休みである。

 僕は上記の5つが、“すべて”満たされた時にだけ、仕事が楽しくなると思っています。

 日曜日に憂鬱な気持ちになる皆さん、1〜5のうち、どの項目を自分は満たせいないのかを考えてみてください。

 考えてから続きを読んでいただけると嬉しいです。

 さて。僕はこの5項目のうち、1・4・5が該当する人は転職を視野に入れた方がいいのではないかと思います。

 なぜか。

 これらは自分で解決できることではないからです。

 人事や給料や休みを決めるのは会社の偉い人です。

 会社の偉い人が動かない限り、状況は一向に変わらないんです。そんなの待ってられないですよ。

 ただ、そうは言っても、4・5に関してはある程度ネットで調べれば事前に知ることができますが、1に関しては入社しないとわかりません。避けようがありません。

 だから1が満たされなかった人は、運が悪かったくらいの感覚で辞めてしまえばいいと思います。

 一方で、2・3は自分自身の問題です。

 2・3が該当する人はまず自分を変えることを意識するべきです。

 自分の行動に自信を持てない人。

 怒られる覚悟で自分が正しいと思うことをしましょう。

 怒られたら直しましょう。

 自分が会社に貢献できていないと思う人。

 貢献できる人間になるよう努力しましょう。

 結果的に、自分と会社で全く価値観が合わないことが分かったり、自分には今の仕事が向いていないということがわかれば、そこで転職を視野に入れたらいいと思います。

4.終わりに

 と、偉そうに語りましたが、「お前はどうなんだ。」という話です。

 結局僕自身はプログラミングを仕事に選びました。

 ここで僕が「システムエンジニア(SE)」や「プログラマー(PG)」と言わずに「プログラミング」と言ったのには訳があります。

 それは僕が、「手に職をつけたいから」という理由でこの世界を選んだからです。

 前職を辞めて改めて自己分析をした結果、僕は自分には人から感謝されるようなスキルがないことを悟りました。

 今の自分のままでは仕事で満足感を得ることはできない。

 そう、僕には3の項目が決定的に欠如していたのです。

 そこで僕は新たに、自分の能力としてプログラミングスキルを身に着けることにしました。

 幸い転職して入った会社は1・4・5の項目が満たされていました。

 さらに、自分でもびっくりするぐらい仕事に対して前向きで、2の項目も概ね満たされています。

 つまるところ、残るは本当にプログラミングスキルを身に着けるのみです。

 しかし、これが実に難しい。手に職をつけるって大変なんだなと実感しています。

 と、いうことで結局現時点では僕は多くの人と同じように、憂鬱な気持ちになりながら日曜日の夜を迎えます。

 いつかワクワクした気持ちでサザエさんを観たい…