カテゴリー
ありがたいお話 日記

過程を楽しむ

先日のZoomは男3人で料理について話した。

一人暮らしを初めてから徐々に料理に対する興味が出ている。

俺の憧れは

冷蔵庫の余り物で美味しい料理を作れるレベルになることだ。

昔読んだクレヨンしんちゃんのことわざ辞典で、みさえが冷蔵庫のあまり物で特製チャーハンを振る舞っていたシーンが印象的でそう思った。(なんのことわざかは微塵も覚えていない)

食材を見てパッと何と何を組み合わせてどんな味付けをしたらおいしくなるかわかれば料理も楽しいんだろうなあと思う。

反対にいえば、その領域に達するまでは料理は作業でしかない。

友人は今、レシピ本を見ながらたまに料理を作っているらしい。

曰くそれが楽しいそうだが、

はっきり言って俺にはその楽しさがよくわからない。

レシピに書いてある通り作ったら、そりゃあ出来るに決まってるじゃん

と思うのだ。

この意見を言ったらなんか反論された気がするが、自分の意見が絶対正しいと思っていたので何を言われたかは覚えていない。

しかし、Zoomを切ったあと冷静に考えた。

俺の思うように「何も見ずに美味しく作れるようになってから料理は楽しくなる」とすれば、楽しくなるまでに恐ろしく時間がかかることになる。

何百回、何千回とレシピを見ながら少しずつアレンジして料理に関する知識と経験を蓄えていくしかないだろう。

果たして普通の人はそこまでして料理が上手くなりたいと思うだろうか。

思うわけがない。

そう考えると、

友人のようにレシピを見ながらアレンジして作っていくという、「過程を楽しむ」マインドが必要不可欠だと思えてきた。

「好きこそものの上手なれ」じゃないが、過程を楽しんでいるうちにだんだん上達していって、気がついたらプロみたいなレベルになっているんだろう。

友人も3年後くらいには旅先で手作りチャーハンを振る舞ってくれるかもしれない。

自分が間違っていたなと思った。

この「過程を楽しむ」というマインドは他の色々なことにも通じると思う。

今、プログラミングの世界に足を踏み込んで思うのは、優秀なプログラマーというのは機械を触ったりプログラムを作ること自体を楽しんでいる人たちばかりだ。

何か専門的な知識を持っている人たちは皆、最初は図鑑を読んだりして知識を得ていく過程を楽しんでいた人たちだろう。

もっと自分の成長過程を楽しむことを意識しようと思った。

未だにレンジでチンしかやったことのない料理からそんな教訓を学ぼうとは思わなかった。

クックパッドを見ながら料理を作ることに楽しいと感じれるようなら、クッキングパパを目指すのもいいかもしれない。

カテゴリー
ありがたいお話

掃除苦手芸人

明日引っ越しをする。

というわけで、部屋の大掃除をした。

物がなくなり、きれいになった部屋を見て

「今度こそ、この部屋の状態を保てるように頑張ろう」

と何度星に誓ったかわからない。

なんで毎回星に誓っているのに、結局散らかってしまうのか。

掃除をして最初の数日くらいはちゃんと部屋をきれいに保つ努力をする。

でも、出かける時に約束の時間ギリギリに用意を始めた時とかに、物を取り出して片付けずにそのまま出かける。

家から帰ってくると疲れていて片付けるのが面倒になる。

散らかりつつ部屋にいると物を出しっぱなしにしていることに抵抗がなくなる。

どうもそういったプロセスを経ているらしいことがわかった。

つまり物が整理整頓されていないのには様々な原因が絡み合っているということだ。

根本的には整理整頓されていない自分の部屋を見て、

こんな汚い部屋に入れない

と、どれだけ疲れていても掃除をする体質になっていないのが問題なんだと思う。

掃除する体質になっている人、というか「汚い」に敏感な人が羨ましく思う。

俺は、例えば街中にあるものに触れると「汚い」となる感覚がなかった。

ボウリングの後に手を洗わないこともあったし、

オールをした後にシャワーも浴びずに寝ることもあった。

歯磨きしないと眠れない感覚もわからなかった。

そういう感覚が一般的には「汚い」「ありえない」と知ったのは20歳になってからだったと思う。

その時は恥をかいたが、まだ20歳ごろにその価値観に出会えて良かった。

おかげで徐々にではあるが、「汚い」という感覚を人並みに持てるようになってきた。

コロナもあって最近では

素手でつけ麺を湯がいているのを見ると「えっ…」て思うし

家に帰ったら必ずキレイキレイをする。

部屋の散らかりは心の散らかり

的なことを誰かが言ってた気がする。

確かに気持ちもなんとなく最近明るい。

カテゴリー
ありがたいお話 日記

プロ野球が開幕するらしいね

プロ野球の6月19日開幕が正式に決定した。

思えばここ10年以上、俺の日常にはプロ野球があった。

プロ野球がない初夏なんて小学生以来だが、思いの外違和感がない。

正直にいえば、そんなにプロ野球の開幕を待ち望んでいたわけでもなかった。

あるに越したことはないが、なくても困らないかな、という感じだ。

昔じゃ考えられないな。

学生の頃の俺はプロ野球が、カープが全てだった。

他の人がドラマやバラエティ番組を観ている間、俺はずっとプロ野球を観てきた。

だから「好きな芸能人は?」と聞かれても困るが、好きなプロ野球選手なら即答できる。

「昨日の〇〇観た?」と聞かれても困るが、前日のプロ野球の結果なら全て知っている。

特に中高時代は周りと話が合わずに苦労した。

テレビで中継がやっていなくても、俺はインターネットの一球速報をずっと見つめていた。

淡々とバッターの打撃結果が更新されるだけのページを、更新ボタンを連打しながら見ていた。

人と会っている時も頻繁にケータイでカープの試合状況をチェックしていた。

カープが勝った日はそれだけでにやけてくるし、負けた日はそれだけで少しイライラしてしまう。

もはや病気だと思う。

プロ野球開幕日が決定した今日、ふとそんな自分のことを振り返っていた。

そしてあることに気がついた。

俺は自分が”ガチのカープファン”であることになんの疑いも持っていない。

周りからどれだけ”にわかカープファン”と言われてもなんとも思わない。

つまり、自分がカープファンであることに確固たる自信を持っているのだ。

俺はカープの本拠地であるマツダスタジアムには一回しか行ったことがない。

応援歌も全ての選手の歌詞を覚えているわけではない。

一軍に上がったことがない選手だと名前すら知らない選手もいる。

だけど俺はカープを応援することに圧倒的にたくさんの時間をかけてきた。

ずっと真剣に応援してきた。

そのことを自分が一番わかっているのだ。

確固たる自信ってこうやって作られるんだな。

俺はプロ野球以外に、真剣に向き合えるものと新しく出会いたいのかもしれない。

まあプロ野球が開幕したら間違いなく観るけど。

カテゴリー
ありがたいお話

ロンリーサンデーナイト

1.はじめに

 今は日曜日の夜。

 多くの人が憂鬱になっている時間だと思います。

 なぜなら、明日からまた1週間、正確に言えば「五日間の平日」が始まるからです。

 僕も例外ではなく、かなり憂鬱な気持ちになっています。

 そんな僕が、新しく始めたこのブログで一番最初に皆さんに主張したいことがあります。

 1週間のうち5日間が嫌な日なのって、おかしくないですか?

 この思いを強く持ったのは、前職で働いていた時のことでした。

2.仕事が嫌で会社を辞めた

 僕は前職をちょうど一年でやめました。

 理由は「仕事が嫌だったから」です。

 「え、それだけ?仕事舐めてるの?」と思いますか?

 「最初の3年は仕事を覚えなきゃいけないんだから辛くて当たり前でしょ。」と思いますか?

 いや、考えてもみてください。

 7日あるうちの5日間が嫌な日なんですよ。

 それだけ嫌な日が多いと休日なんて刹那の如しです。

 しかもせっかくの休日でも、ふとした時に「また明日から仕事か…」という思いがよぎるんです

 当時はほぼ毎日、仕事のせいで嫌な気持ちになる瞬間がありました。

 年明けすぐ、僕は会社に3月いっぱいで退職する旨を伝えました。

 上司からは当然のように「そんなんじゃ社会で通用しない」的なことも言われました。

 しかし、とにかく逃げたいという一心だった僕には、そんな言葉は全く気にはなりませんでした。

3.「仕事が楽しい」とは

 晴れて会社を辞めた僕は「次は休日よりも平日の方が楽しいと思えるような仕事をしよう」と決意しました。

 この目標を達成するために、僕は自分がどうなれば仕事を楽しいと思えるかを考えました。

 それが次の5つです。

  1. 上司から嫌われていないと心から思える。
  2. 自分の行動に後ろめたさや不安を感じない。
  3. 自分の能力を発揮して、貢献できたと思える。
  4. 人並みに給料をもらえている。
  5. みんなが休みの日に自分も休みである。

 僕は上記の5つが、“すべて”満たされた時にだけ、仕事が楽しくなると思っています。

 日曜日に憂鬱な気持ちになる皆さん、1〜5のうち、どの項目を自分は満たせいないのかを考えてみてください。

 考えてから続きを読んでいただけると嬉しいです。

 さて。僕はこの5項目のうち、1・4・5が該当する人は転職を視野に入れた方がいいのではないかと思います。

 なぜか。

 これらは自分で解決できることではないからです。

 人事や給料や休みを決めるのは会社の偉い人です。

 会社の偉い人が動かない限り、状況は一向に変わらないんです。そんなの待ってられないですよ。

 ただ、そうは言っても、4・5に関してはある程度ネットで調べれば事前に知ることができますが、1に関しては入社しないとわかりません。避けようがありません。

 だから1が満たされなかった人は、運が悪かったくらいの感覚で辞めてしまえばいいと思います。

 一方で、2・3は自分自身の問題です。

 2・3が該当する人はまず自分を変えることを意識するべきです。

 自分の行動に自信を持てない人。

 怒られる覚悟で自分が正しいと思うことをしましょう。

 怒られたら直しましょう。

 自分が会社に貢献できていないと思う人。

 貢献できる人間になるよう努力しましょう。

 結果的に、自分と会社で全く価値観が合わないことが分かったり、自分には今の仕事が向いていないということがわかれば、そこで転職を視野に入れたらいいと思います。

4.終わりに

 と、偉そうに語りましたが、「お前はどうなんだ。」という話です。

 結局僕自身はプログラミングを仕事に選びました。

 ここで僕が「システムエンジニア(SE)」や「プログラマー(PG)」と言わずに「プログラミング」と言ったのには訳があります。

 それは僕が、「手に職をつけたいから」という理由でこの世界を選んだからです。

 前職を辞めて改めて自己分析をした結果、僕は自分には人から感謝されるようなスキルがないことを悟りました。

 今の自分のままでは仕事で満足感を得ることはできない。

 そう、僕には3の項目が決定的に欠如していたのです。

 そこで僕は新たに、自分の能力としてプログラミングスキルを身に着けることにしました。

 幸い転職して入った会社は1・4・5の項目が満たされていました。

 さらに、自分でもびっくりするぐらい仕事に対して前向きで、2の項目も概ね満たされています。

 つまるところ、残るは本当にプログラミングスキルを身に着けるのみです。

 しかし、これが実に難しい。手に職をつけるって大変なんだなと実感しています。

 と、いうことで結局現時点では僕は多くの人と同じように、憂鬱な気持ちになりながら日曜日の夜を迎えます。

 いつかワクワクした気持ちでサザエさんを観たい…