秒速5センチメートル

*作品のネタバレはないので安心して読んでください。

ここ1週間で新海誠の作品を二つ観た。

一つが『言の葉の庭』。

映画を見てから新宿御苑に行きたくなったし、秦基博を聴くようになった。

そしてもう一つが『秒速5センチメートル』だ。

『言の葉の庭』は存在すら最近まで知らなかったが、『秒速5センチメートル』は大学時代に友人に勧められていたので知っていた。

当時友人からDVDを借りたにもかかわらず結局観なかった。

弁明させてもらえれば、

あまりにも「観たら切なくなる」という声を聞きすぎたからだ。

人生でわざわざ切なくなりたくなる瞬間なんてあるのだろうか。

少なくとも当時の俺には切なくなりたい瞬間がなかった。

結局観ずに借りていたDVDを返した。

だけど今回、amazonプライムビデオで観れるし、上映時間も短いし(63分!)、新海誠の映像も好きだったので観てみることにした。

とはいえ観る前から少し気が重かった。

どんな切ない終わり方をするんだろう…

と考えたからだ。

俺は

なかなか付き合うことのできなかったカップルが、ようやく結ばれたと思ったらどちらか一方が死んでしまう

系の話だと予想した。それは切ない…

とりあえず登場人物の誰かしらが最後に死ぬと思っていた。

誰も死ななかった。

63分の上映時間のうち45分くらいまでは誰かが死ぬんだろうなあと思いながら観ていた。

そしたら誰も死なずに、終わった。

でも皆が言っていた「観たあとに切なくなる」という言葉の意味はわかった。

これはもうちょっと若いうちに観たかったなあ〜

というのが一番の感想。

まだ観ていない人は人生で一番若い今、観たほうがいいと思う。

俺は明日から山崎まさよしを聴くようになるだろう。