カテゴリー
日記

口癖

会社で、俺の隣の席には40代の人が座っている。

その人は、集中するときに椅子の上で正座して座り直す。

その際、誰にも聞こえないような声量で、

「よっこいしょういち」と言うのが気になった。

これは無意識に言っているのだろうか。

俺には無意識に「よっこいしょういち」と声が出てしまう感覚がわからない。

仮に今、無意識で「よっこいしょういち」と言っているのだとしても、言い出した時は意識的に言ったのではないだろうか。

だとしたら、一体いつ、どんなシュチュエーションで言い出したのだろう。

そして、そこから「よっこいしょういち」と言い続けて、無意識に言えるようになるまでどれだけの期間、意識的に「よっこいしょういち」と言い続けていたのだろう。

そんなことを考え出して、仕事が進まなくなってしまった。

そういえば、俺の父親もまるで無意識のように、

「当たり前だのクラッカー」を使う。

年齢によるものなのだろうか。

飲み会とかあったら、いつから「よっこいしょういち」を言うようになったのかを聞いてみたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です